HOME >ペット共生型(対応)住宅の背景

ペット共生型(対応)住宅の背景

「ペット共生型(対応)住宅は、今最も求められている賃貸住宅です。

ペットを飼育しない理由

 ペットに関わるマーケットは毎年めまぐるしく増大しています。 ところが、集合住宅では、ほとんどの場合ペットを飼えないのが現実です。ライフアシストは、集合住宅でペットを飼うためのノウハウを提供するとともに、入居後のペット飼養者管理まで一貫してサポートするシステムを提案しています。 本システムの導入により、簡便かつ安心してペット共生型(対応)住宅を建築・管理することが可能となります。

日本ではペットを飼える住宅はごくわずか。さて世界では?

   わが国は世界第二のペット大国と言われていますが、これではあまりにお粗末です。 もっともっとペットと一緒に暮らせる集合住宅を作っていかなくてはなりません。 日本の場合「家に入る時に靴を脱ぐ」という習慣があることや、ペットに対する教育(しつけ)のレベルの低さによる理由から、住宅業界・ペット市場に根をおろすことは、ニーズがあるにもかかわらずなかなか難しいようです

■世界主要都市におけるペット飼育可能住宅の割合

(質問:「集合住宅でペット飼育は可能ですか」)

100%程度
パリ
オスロ
どこでも自由に飼ってよい
99~80%程度
ブリュッセル
シンガポール
ペット集合住宅がほとんど(一部ペット不可)
飼えるという認識を持つ
79~60%程度
ウィーン
アテネ
だいたい飼えるという認識
ペット可に賛成
59~40%程度
シドニー
チューリッヒ
飼えるところと飼えないところがある
ペット可と不可はほぼ同数
39~20%程度
ベルリン
規制があるところは飼ってもよいが、ペット可は
少なめ
14.8%程度
東京
ペット可は非常に少ない
(都市基盤整備公団調べ 「月刊不動産流通」2000.3月号より)

最近ようやくにして、あちこちの集合住宅でペット問題が議論に上るようになりました。 都市基盤整備公団が調べた調査でも、一定の条件やルールを定めればペット飼養を認めてもいいのではないかとの結果が出ています。 問題はその一定の条件やルールは何かということです。ライフアシストでは (1)ペットを飼っても大丈夫なように建物を造りあげること(ハード対応) (2)入居してくるペット飼養者に対するモラル指導、ペットの健康管理支援、 良好な近隣関係作りの支援 など、人とペットとの共生生活に欠かせないペットライフ周辺サービスの確立 (ソフト対応)を考えています。

住宅内に一定の工夫を施し、ペット飼育のルールを定めた
賃貸住宅建設の必要性

 
住宅内に一定の工夫を施し、ペット飼育のルールを定めた賃貸住宅建設の必要性
 
 

ペットは家族の一員です。人とペットとのこれからの関係

人とペットとのこれからの関係
人とペットとのこれからの関係

近年日本人の生活観・価値観が物質欲求的なものから精神的充足に変わってきています。
また、少子・高齢化の急速な進展により、孤独や寂しさを解消する対象としての心の安らぎ、
「癒し」の相手をペットに求めるようになってきました。
こうした現実によって、ペットが友達や家族としての役割を持つようになってきました。

人とペットとのこれからの関係

 

»ペット共生型(対応)賃貸とは?

関連サイト

  • ワンニャン広場 弊社ペットアドバイザーが受けるペットのお悩み相談に対する答えや、その他ライフアシストの社員が飼育しているペットの情報がいっぱいの楽しいサイトです。
  • ペットライフナビ  弊社がコンサルティングしているペット物件を掲載しています。特徴はペット条件(大型犬、複数匹飼育、ペット設備など)で賃貸物件を探せるサイトです。
  • こだわりライフナビ  弊社がコンサルティングしているペット物件以外にも、エコハウス、デザイナー物件など、こだわりがある物件を集めたサイト。
まずはお気軽にお問い合わせください