ペットコンサルティングなら 株式会社ライフアシスト ペットを飼う人 飼わない人 みんなが楽しく暮らすために ライフアシストがトータルコンサルティング
株式会社ライフアシスト 企業理念 株式会ペット共生型(対応)住宅の背景 ペット共生型(対応)住宅とは ライフアシストクラブ特典 株式会社ライフアシスト 事業内容 ライフアシストクラブ会員様への情報提供ページ ワンニャン広場

分譲マンション管理組合様へ
 
「ペット」が原因のトラブルやクレームは起きていませんか
 

あなたのマンションは、「ペットが飼えるマンション」ですか?
それとも「ペット飼育禁止のマンション」ですか?
何が苦情やトラブルの原因になってしまっているのでしょうか?
何が解決できれば、よりよいマンションになるのでしょうか?

「ペット」「駐車場」「生活音」は、マンションの3大トラブルとよくいわれます。とくにペットに関することは、“ペットは家族の一員”と考える居住者がいる一方で、“苦手”“アレルギーがあるので近づきたくない”というような居住者もいて、両極端の様々な考え方があるために、管理組合様としてはなるべく避けて通りたい課題といえるのではないでしょうか。

そして、残念ながら管理組合様ができることも限られています。ペットアレルギーを持つ居住者を治してあげることはできませんし、マンションの規模が大きくなればなるほど、居住者全員をペット好きにすることもできません。
そこで、マンション内で「ペットに関する苦情」が起きてしまったら、それは「ペットの問題」ではなくて、苦情の原因となってしまったペットを飼っている「飼い主の問題」というように考えてみましょう。相手は人間ですから、そこには何らかの解決の途があるはずです。

ペットの問題を解決するためには、きちんとしたルール(管理規約・飼育細則)を作り、飼い主に理解してもらい、きちんと運用することに尽きます。そしてさらによりよいマンションとなるために、飼育者と非飼育者が、お互いの考え方を尊重できる環境づくり、お互いにコミュニケーションがとれる環境づくり、を目的として活動することが大切といえるでしょう。

分譲マンション管理組合様へ
 
ペットを飼ってはいけないマンション   ペットが飼えるマンション

……どんな問題が起きていますか?

・「管理規約」はペット禁止。でも現実には、 何十頭ものペットが飼われている。
・規約があいまいで、飼っていいペット、 飼ってはいけないペットが明確でない。
・ペットを飼いたいという世帯が増えてきて、 管理規約改正の要望があがっている。
 
……どんな問題が起きていますか?

・管理規約に定められていることを守っていない。
・申請をしないで飼っている。
・事故(咬みつき・飛びつき)が起きてしまった。
・鳴き声がうるさい。
・不始末が放置されている。
・エレベーターが臭い。
・バルコニーの排水溝が動物の毛がたまっている。
・放し飼いをしている。
・網戸や洗濯物に動物の毛が付着している。
・動物アレルギーで、エレベーターに一緒に乗りたくない。
ライフアシストでは、「ペット可マンション」「ペット不可マンション」それぞれの問題解決に向けて、
たとえば、こんなサポートを行っています。
・専有部分内で飼育するペットのみ可、という規約。でも、犬を飼いたいという世帯が増えて、
 管理組合が規約改正を求められている。どんな規約を作ればよいかわからない。

→マンションの現況、管理組合様の意向を踏まえた上で、規約や細則作成のお手伝いをします。ライフアシストでは、動物の飼い主で構成される「ペットクラブ」の設立をお勧めしており、「管理規約」「飼育細則」「ペットクラブ会則」をルールとして提案します。

(本来は、飼い主が自分の問題との意識をもって、自らがルールを作ることが大切なのですが…)
 
・ペットに関する管理規約・飼育細則は、きちん決められている。でも、運用されていない。
→その規約・細則で定められた運用すべき主体は、管理組合様でしょうか。それとも、ペットの飼い主で構成される組織でしょうか。運用されていないことで、緊急に解決すべき問題はおきていませんか。
ライフアシストでは、管理組合様、ペットクラブ様から委託を受けるかたちで、マンションのルールの運用を代行します。
 
・飼育細則には、実際の運用は飼い主がクラブを作って行うと書いてある。でも何もしていない。

→何も活動していないペットクラブには、大きく2つあります。苦情やトラブルなど対応すべきことが起きないために活動を迫られていないクラブと、どのような活動していいか分からないクラブの2つです。クラブとしての活動は、「飼い主が“ペットが飼える”という自らの権利を守ること」に直結しますので、ライフアシストでは、的確な活動を提案し、また実際の活動をサポートします。

 
・管理組合は建物に関する課題が多すぎて、少数であるペットの苦情対応にまで手が回らない。

 →ペットに関する苦情は、“○○号室の犬の吠え声”とか“駐車場区画○○番付近でのフンの放置”とかのように、個別に発生することが多く、対応も個別に行う必要があります。さらに、苦情の原因となっている飼い主がいつも同じ、ということもよくあります。ライフアシストでは、個別対応を含めて、苦情解決のためのお手伝いをします。

 
・管理組合やぺットクラブが主催して、ルールの確認や、マナーアップのための講習会を
 専門家を招いて開きたいと考えている。でも、どこに相談していいかわからない。

→ライフアシストでは、講習会の内容(健康、しつけ、食餌、災害非難、高齢介護、お手入れ、ルール…… etc.)にあった専門家を手配、紹介します。

 
■ペット対応型集合住宅における問題点と対応■
ペット対応型集合住宅における具体的な問題点

「管理規約はペット禁止。でも現実には何十頭のペットが飼われている。どうすればいい?」
「ルール無視の飼い主が多い。ペット飼養者への不満が後を絶たない」
「いつも決まった部屋から聞こえる吠え声、注意しても直らない。改善策が分からない」
・・・など

ペットに関してお困りの管理組合様、問題解決のお手伝いをいたします。

お問合せはこちらまで

ペット共生型(対応型)賃貸住宅の現状

■お名前(漢字)(必須) (全角)

■メールアドレス (半角英数)

■お電話番号 (半角英数) ハイフン不要

お問い合わせ内容




※お返事は数日かかることもございます。何とぞご了承をお願いいたします。

ペットコンサルティングのライフアシスト 会員サポート ライフアシストクラブ ヘルプデスク 付加価値賃貸住宅 ペットOKの企画をしたい 賃貸経営者様へ ペットOKの規約にしたい 分譲マンション 管理組合様へ ライフアシストクラブ申し込みはこちら
トップページへ 会社概要・案内図 スタッフ募集 個人情報ポリシー お問い合わせ グループ会社紹介 リンク
ペットコンサルティングなら 株式会社ライフアシスト ペットを飼う人飼わない人 みんなが楽しく暮らすために ライフアシストがトータルコンサルティング