アパート・マンションのオーナー様へのサポートのご紹介

19 Feb

当社では、アパートやマンションなどの集合住宅で、ペットと一緒に暮らす5000世帯の飼い主皆様をサポートさせていただいています。

日本のペット(犬と猫)の数は子供の数より多いといわれ、ペットは家族の一員として飼われているのが当たり前になってきました。これからも皆様と小さな家族へより良いサービスを提供していけるよう、お客様と社会に貢献していく所存です。よろしくお願いいたします。

さて今回は、当社のさまざまなサービスのうち、アパート・マンションのオーナー様へご案内しているサポートをご紹介いたします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 お知り合い・ご友人に、

賃貸経営にお困りのオーナー様・ペット共生住宅にご興味のあるオーナー様はいらっしゃいませんか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ライフアシストでは、ペット共生型の付加価値アパート・マンションをこれから経営したいというオーナー様、既に経営しているオーナー様へ、これまで培ってきたペット共生型のノウハウをご提供し、細やかにコンサルティングしています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

例えば...

こんなことで、お悩みのオーナーさんはいらっしゃいませんか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

当社にもこのようなご相談のお問い合わせを多数いただいております。そんな中、当社がコンサルティングし解決した事例を二例ほどご紹介いたします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「相続対策で有効活用をしたいが、駅から徒歩20分というマンション経営をする上で最大のデメリットをどうにかしたい」

とご相談が寄せられました。立地の良いところを活かした、ペット共生型にすることで反対に超プラスとなり、大成功しました。

ペット共生型住宅コンサルティング事例-ナイアス (pawan-kun.com)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「築年数が古く空室率が50%あり、滞納者が発生しても退去させることができず、困っている」

とのご相談。思い切って、ローンを組んでリノベーションしようと検討したものの、様々な不安がありました。こちらは築年数が古いことで生じる家賃の引き下げをできるだけ減らし、ペット共生型という付加価値をつけて、成功した事例です。

ペットと楽しく暮らすマンション パインビレッジ 都営三田線「志村三丁目」徒歩5分・「志村坂上」徒歩5分 (pawan-kun.com)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 もし、皆さまの周りで、土地活用やアパート・マンション経営に関するお困りごとを抱えている方がいらっしゃいましたら、些細な事でも構いません。
よろしければ、ライフアシストへご相談ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これまでの、皆様をサポートさせていただいた経験から、何かお力になれることがあるかもしれません!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

もっと詳しくという方はこちらをどうぞ↓

賃貸経営 どんな事でお悩みですか? (life-assist.co.jp)

コンサルティング実例 (life-assist.co.jp)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お電話でのお問い合わせはこちら↓

TEL:03-5766-1100  (平日9:00~18:00)

メールでのお問い合わせはこちら↓

info@life-assist.co.jp

夏季休業のお知らせ

27 Jul


株式会社 ライフアシストは、
2022年8月13日(土)~8月17日(水)まで 夏季休暇のため、
誠に勝手ながら休業とさせていただきます。

2022年8月18日(木)より通常営業となりますので、
よろしくお願いいたします。




なお、上記期間につきましてはライフアシストクラブ
「ヘルプデスク相談サービス」もお休みとなりますので
ご了承ください。



脱水症状に用心を!

20 Jul

ご自宅のわんちゃん・ねこちゃんは気温差や暑さで体調をくずしていませんか?下痢や嘔吐が多い場合、おなかの調子が悪いだけ、と思っていると知らないうちに脱水症状になってしまうことがあります。また、室内でも外ほど暑くないので、と油断していると熱中症から脱水症状になってしまう危険もあります。

体力の落ちやすい暑い季節、今一度注意してあげましょう。ペットの脱水症状とはどんなものか、注意点と対処法をご紹介いたします。


●ペットの脱水症状とは?

→下痢・嘔吐・発熱などにより
 体内の水分や電解質が失われて起こります

人間同様、下痢や嘔吐、発熱が続いてしまうと体内の水分や電解質が失われ、脱水症状になってしまいます。

特に犬や猫は皮膚から汗をかくことができないため、身体の中に熱がこもりやすく思った以上に早く脱水症状を起こしてしまうことがあるので注意してあげてください。


下痢や嘔吐が続いている場合や、暑い場所にいた後などは、無気力で元気がない、目がくぼんでいる、よだれが多く出ている、などの症状が出ていないか、チェックしてみてあげてください。

放っておくと、けいれんが起こり、命の危険にまで及んでしまうことがありますので上記のような症状がある場合は、すぐかかりつけの先生に相談しましょう。

●脱水症状の見分け方と対策

・首の後ろのたるんでいる皮膚をつまんでたしかめてあげてください
対策のポイントは「水と電解質の補給を少しずつ」

「なんとなく元気がない」といったときに脱水症状になっていないか、見分けるために首の後ろのたるんでいる皮膚を優しくつまんでみてあげてください。健康な場合はすぐに皮膚は元の形に戻りますが、脱水症状になっていると元に戻るのに時間がかかります。また可能であれば、歯茎を指でおしてみて、すぐピンク色に戻るかも確認しましょう。白くなったまま戻らない場合は脱水による血圧が低下が疑われます。

脱水症状を起こしているときは、水分と電解質の補給が必要です。緊急の場合は、人間用のスポーツドリンクを3~4倍ほどに薄めて、ゆっくりと小さなスプーンなどで口の中にいれて飲ませてあげてください。大量にあげてしまうと、嘔吐してさらに悪化してしまうことがありますので注意です。


日差しがない日でも湿度が高いと熱中症の危険がありますので、
お部屋の空調は常に気にかけてあげましょう!
特に夜間エアコンを切る方は、「ペットのいる部屋だけエアコンをつける」「自由に複数の部屋を移動できるようにする」など注意しましょう。


ペットの健康やしつけでお困りの事がございましたら、ライフアシストクラブ会員様限定の電話相談サービス「ヘルプデスク」を是非お気軽にご利用下さい。