Archive | ペット知識 RSS feed for this section

ワクチン接種

19 10月

ワクチン接種について

 

ペットの飼い主の皆様はワクチンや予防接種といったワードはよくご存じだと思いますが、よくわからないけど必要だから、動物病院やペットショップに言われた通りに受けてるという方が多いのではないでしょうか。

私の両親はまさにそのタイプです。

また、説明を受けたり、ネットで検索してみたりしたけどよく分からなかったという方も多いのではないでしょうか。ワクチン接種の説明ってどうしても専門的な話になってしまいますのでなかなか理解するのが難しいですよね。

今回は専門用語を分かりやすくかみ砕いて、お伝えさせていただきたいと思います。

 

 

まず風邪をひいた時って体の中でどんなことがおきているのでしょう?

ウイルスが身体の中に入ってくると、免疫機能が働いてウイルスを撃退します。

熱がでたり、くしゃみ・鼻水がでたりといった症状がでるのは免疫機能が戦っているからなんです。

このウイルスと免疫機能の戦いが長くなればその分症状は長くなります。

ただ、免疫機能はただウイルスを撃退するだけでなく、入ってきたウイルスの情報(抗原)を記憶し、それを撃退する戦士を(抗体)獲得しているんです。そのおかげで、また同じウイルスが入ってきてもすぐに撃退することができるのです、その為感染防いだり感染しても症状が軽く済んだりするのです。

 

ワクチンを接種すると

先ほどお話した風邪をひいたときの体の中と同じような事が起こっているんです。

ただウイルスや細菌そのものではなく、無毒化あるいは弱毒化された抗原を体内に接種しているため、感染することはありません。免疫機能が抗原を記憶し、その抗原を持つウイルスや細菌が入ってきてもすぐに戦士(抗体)がでてきて撃退できるようになるのです。

 

ただお話した通り免疫機能が活動的になるので、なかにはワクチン接種後に微熱がでたり少し元気がなくなったりしてしまう事があります。

ワクチン接種後は安静にしましょう!

 

ペットホテルや旅行前にあわててワクチン接種を受けに行く方がいらっしゃいますが、ワクチンを接種したからといってすぐに免疫機能が情報(抗体)を記憶し撃退できるようになるわけではありません。

およそ1週間かかると言われてますので、余裕をもって受けに行って下さいね。

 

窓を開ける時は気をつけよう!

18 9月

日中は汗ばむ日もありますが、朝夕は過ごしやすく、秋の訪れを感じます。

朝・夜はエアコンを切って窓を開けて過ごしすことも多くなりました。

風が入ってくるとても気持ちよく、リラックス出来ますよね。

暑い夏が去って、私たちにもペットにもとても快適なこの季節

 

集合住宅でペットの

脱走・鳴き声

 

に関する苦情・トラブルが多い時期なんです(;_:)

 

音は空気中を波のように伝わっていき、

距離や障害物によって減衰していきます。

そのため、窓を開けていると

 

窓を閉めている時よりも大きな音で届きます。

 

また、気候によっても音の伝わり方は変化します。

夏のように気温が高いと音は伝わりにくく、

 

逆に気温が低いほど音は伝わりやすくなります

 

こういった音の性質によって、

窓をしっかり閉めていれば、ペットの鳴き声が漏れにくく

外からの音もある程度遮断されるのです。

 

夏は冷房が、冬は暖房が必須ですから

窓を開けるのは換気のときくらいでしょう。

 

そのため、秋が最も騒音のトラブルが多いのです。

 

脱走についても音が大きく関係してきます。

普段からお外に興味深々なペットを飼育の飼い主さんは、日々対策しています。

そのため、「うちの子は外に出ようとしない」と思っていたのに、

逃げてしまったという事例のが多いのです。

 

窓のそばでリラックスしていた時、急に大きな音がして、

驚いてパニックになり、外に飛び出してしまうと

落ち着くまでに時間がかかり、なかなか戻ってこれないこともあります。

窓を開ける際は、お家の中でも今一度注意をしてあげましょう。

 

また、洗濯を干した時に、気が付かないうちにベランダやお庭に出ていたり

帰宅時に玄関からするりと出てしまう、など季節関係なく

外に出てしまう危険は多くありますので、玄関にはいけないようにするなど

各自のご家庭にあった対応策を考えてあげてください。

 

特に猫ちゃんは足音が少なく、気が付かないことが多いので注意してあげましょう。

 

いかがでしたでしょうか?

 

思わぬ油断から、トラブルに発展してしまうことがないよう

今一度注意してあげてください。